導入のメリットは?

ネットワークカメラを利用すれば、PCやスマホ、タブレットで店舗の遠隔監視をすることが可能になります。こちらのカメラには、有線の他に、無線LANに対応したものもあります。無線LAN対応のネットワークカメラは、映像・音声の伝送ケーブルやLANケーブルを使用するカメラと比較して、利用する際の場所的な自由度が高くなるというアドバンテージがあります。

従来のカメラを導入する際には、ポートの開放や固定IPの設定などを行なう必要があり、記録した映像を見るまでに、それなりのエネルギー・時間が掛かるという問題があります。その一方で、ネットワークカメラの導入にあたっては、そういった設定をする必要がないので、負担する手間暇が少なくて済みます。

ネットワークカメラを導入するにあたって、まず、有線接続の場合には、カメラとルーターをLANケーブルで接続します。次に、専用のアプリをインストールし、IDとパスワードを設定すれば、もう映像をモニタリングすることが可能です。このように、設定・接続の方法が簡単なので、機器の取扱いが苦手な人や、初めてのチャレンジだという人も、安心して導入することができるというメリットがあります。