遠隔監視の可能な機器

最近では、スマホやタブレットの端末から、遠隔地にある店舗の映像を監視することのできるカメラも登場しています。こちらは、ネットワークカメラやIPカメラ、WEBカメラと呼ばれ、インターネット回線を利用して、遠隔地の映像をリアルタイムにモニタリングすることができます。ネットワークカメラは、インターネットの接続環境と映像をモニタリングするための機器さえ整っていれば、導入することが可能になります。また、カメラの設置や接続、録画、遠隔監視に関する疑問点や不明点がある場合、専門の業者によるサポートを受けることも、もちろん可能です。

ネットワークカメラは、有線・無線のLAN機能が搭載されたカメラで、従来のカメラと比較して、使い勝手が良く、操作方法の難易度が低いため、たいへん人気を呼んでいます。従来のカメラを導入するにあたっては、カメラ本体と専用の録画機器、音声・映像の伝送ケーブルを用意することが必要です。

その一方で、ネットワークカメラを導入するため必要なものは、カメラ本体とルーター、有線接続の場合にはLANケーブルだけで済みます。こちらのシステムでは、専用の録画機器は存在せず、パソコンやスマートフォン、タブレットの端末を利用して監視するのが基本的なスタイルとなります。